2011年12月03日

やる夫が日本に呪いをかけるようです 最終章 その弐

691 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:00:44 ID:Z2EnF3A.

                     _ /  ̄ ̄ ̄ ヽ
                    /        三}二 \
                   /    , ―― '´  ̄ \   ヽ
               .   /ゝ. _/         |    l
                  |  三| / 二}   {二\ |    |
                  |   / {/       \} ヽ. 三l     さあ、
                  |   | 、_..==`}  { ´==.__, | /}      この物語の、
                  ハ  /    r |  |┐    レ /     「その時」が
               .   ヽV    /`^ -^´ \   |/      やって参ります。
                    l  l   ___  }   |
                    |  l  ´ 二二二 ` / /
                    \ \       / /
                     |\\___/ イ
                     ハ        / |\
                   / | \ _ _ /  /   ̄

692 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:00:57 ID:Z2EnF3A.

承久3年(1221年)

                         -‐─―- 、
                     / : : : : : : : : : : :\
                         /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                     /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
          __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
          〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
         {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
          `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
             (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
         | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
        _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨     あ の さ あ … !
        /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
      /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
      ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
      /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
.     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
.      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
      \             /  {  |     │ ●ヘ \
       \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
.          \___, イ: :{         / |     │    :|  l∧::.\
                   |: : ヽ       / |     │     |  | l\::.\
                   |: : : :\    ,'  :l_____ノ    ●.|  | |  \::.\
                   |: : : : : :〉  /               |  | │   \::\
                   |: : : : : ヽ/                  |  \|      \::\
                    {:人 : :/                 |    |        \::\
                   ∨                    |    |        \:丶
                    /                       |    |         \ヽ




694 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:01:15 ID:Z2EnF3A.

                                 ,.-―- 、,_
                               /: : :/: : : : : : : \    アタシも黒い黒い、
                              /:/: /:/|l:.:.:|: : : : l: : :ヽ   お前が黒幕だろうって
      _    ,.====== 、,_             イ/:.:`K ||:./|: : : : ト、: : i   言われてきたケド…
\_    }仄y'´           `ヽ   ,__       リ:「行ミ`廴|七ヱ:/ !: ト: |
  l|    《//.: . : :      : : : .:Y´:三=\    /:,イ ヒッ   krクハ j|: ト: |    _____
  ||  ,r-// :   .: .:'"⌒ヽ  .:. . :.:lハ:三:三ハ  //j(_.{   '   `ー'  [_:_:ト: |   /|      /
/||>f‐{ {: :    ;、   ノ, 〉 . : :.:|| |三:三l | j/// !:〉、 `¨¨ r==≠=r=}=|====,》<、   /
 rl|三|__| l: .       彡  ..: .:.l| |三三ノノ  //:.:.|:》、_`ー‐ァ/_,イ个ーイ: :.| //    \/
__|三;三∧∨: .        . : : : /fn-<´ ̄ ̄ ̄`v'ミ'勺7/ /人:|: : :.|l: :.|  ̄ ̄ ̄ ̄
___/》=ヘ \: : .      . . :.://|| |¨¨¨了¨「¨¨Y:三:三//¨´ ,. ̄`辻:.:|
辷‐--イ7朮\`<.____,. ' ,∠/|_|以>v,/____| : : {三三/〕}  /   , '   さ、
、   _//__》'⌒ヽ, --―≦〔三三:三:| | ̄ ̄ ̄ ̄l} 下ミ`ヽ、{  /   ,  》,\
l `¨¨/三三{{:.:.:.:.:.:}}三f/⌒ヽV/..|_几,∨二二二二リ |:.:.》>、`ー〈__/ ,/:.]} |
   〉¨¨¨¨'》==<>―:{:.:.:.:.:.}} 「三三Y: . : : . : .\  /,!/| | \ \>イ-彳 |\
  /    /三:三:三:三`ー<〉¨¨¨`ヽ〉: . : . : . : . :∨ / ,/{, \  \_}》′/    ,}



「こんなド辺鄙なとこに流されるなんて、思ってもみなかったわ! ああ!?」
______________________________________
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;隠岐.。● ← コレ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.。-、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_,,。.───-^  r゜.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..。.rt^) l^.;.;_._ ,,..;__、,,,,,,,- ""   `     \  .ヽし,,^-,,,.. .. _,..,,.,/ ! _
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;く"     .! ^^       |  因幡  ! 但馬  ! 丹後 .!...若狭,. . . /
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,,ノ 出雲  !  伯耆 .,,,,,,,,.!.......     ヽ     ヽ..,,,,./"       !
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./ ヽ     /........; ―"ヽ    `---.. . ./ \   !     丹波   ./ |  /
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,,/   ヽ .,,,...../  ヽ      ヽ   美作   /    ヽ /\        /山! !
.;.;.;.;.;.;.;.;.;/     ....,..'       !      ! .. ..    ...,,/   .      ./"""""""-" 城 !近/
.;.;.;.;.;./ 石見 ./   ヽ      ヽ    ヽ  `--'  !   播磨  ./  摂津   |  ◎ !江
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      承久の乱の結果、後ッ鳥ゥー羽上皇さま、隠岐に配流。


695 :名無しのやる夫だお:2010/06/05(土) 20:01:35 ID:a5DwMVS.
承久でゴットゥーザ様って・・・まさか、その配役はw


696 :名無しのやる夫だお:2010/06/05(土) 20:01:41 ID:0w60J3Lg
後ッ鳥ゥー羽上皇さまwwwwwww


698 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:02:02 ID:Z2EnF3A.

     この配流を決定したのは、朝廷ではない。 鎌 倉 幕 府 。
                   ______   ______
                   ,ィ´: : : : : : ::`i´.: : : : : : : :`ヽ、
                /: : : : : : : : : ::ーi: : : : : : : : ::、:: :`ヽ、
             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|    アタシらの処遇
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|    決めんのは
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|    禁則事項じゃないのん?
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \    r--‐vァ    / /::::::::::::V
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、  `‐-‐'  /ヽ,/:::i:::::::::|::|
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|

かつて使いッパシリに過ぎなかった武士によって、天皇経験者の配流が決められた。



701 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:02:28 ID:Z2EnF3A.

皇 を 取 っ て 民 と な し 、



___________________________________________
                      /                \
                    /     ,ィ三ニヽ/ニ=-、     ヽ
                   , '    //          \ li   ',
                 . /    / /              l li   li l
                 /     / /      呪       l li.   li l.
                 .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                    / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
                 . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
                 / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
                  /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
                 ./   !            ::::       〉 li  li.l
                    l:..            :.       :::l li  li
                   ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                  / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
                 ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                   li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                   li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                   li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                   li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
                   li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                               民 を 皇 と な さ ん


702 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:02:43 ID:Z2EnF3A.

      , =ニ三ミ三`ヽ”‥     , =ニ三ミ三`ヽ”‥     , =ニ三ミ三`ヽ”‥     , =ニ三ミ三`ヽ”‥ 
    /  / , -一ー-、 ヾ :   /  / , -一ー-、 ヾ :   /  / , -一ー-、 ヾ :    /  / , -一ー-、 ヾ :
    / ///      ヽ l :  / ///      ヽ l :   / ///      ヽ l :   / ///      ヽ l :
   / ///   公  u l l :  / ///   公  u l l :  / ///   公  u l l :  / ///   公  u l l :
   |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :  |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :  |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :  |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :
   |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :  |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :  |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :  |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :
   |   |    j l、  ll l :  |   |    j l、  ll l :  |   |    j l、  ll l :  |   |    j l、  ll l :
   |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :  |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :  |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :  |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :
   |  l },    | ̄「 イl | :  |  l },    | ̄「 イl | :  |  l },    | ̄「 イl | :  |  l },    | ̄「 イl | :
   |   l\  `ニ´  | | | :  |   l\  `ニ´  | | | :  |   l\  `ニ´  | | | :  |   l\  `ニ´  | | | :
   |   ト、` ――ァ‐' ! ハ :. |   ト、` ――ァ‐' ! ハ :.|   ト、` ――ァ‐' ! ハ :. |   ト、` ――ァ‐' ! ハ :.
  ―|j 川 | ,>r―K   メ }、―|j 川 | ,>r―K   メ }、―|j 川 | ,>r―K   メ }、―|j 川 | ,>r―K   メ }、_
      ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡   ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡   ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡   ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            この乱の結末、朝廷関係者を筆頭に、多くの人々が驚愕した。
 ___________________________________________
    /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
    /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
     イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
     r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
     !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
     ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
       ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
      ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
   -‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
     /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
    /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |


703 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:03:00 ID:Z2EnF3A.

              ト 、
             .ト\           ∧
             \            / ヽヾ、    /~`\
             ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
             \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
               ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
                     ヾヽ  ~     U      /
オレ達は                /iヽ             .i-'
とんでもない             / ヾヽ   U        .i
考えちがいをしていた…      `ー-、          U   /
                       !  , ' `ヽ        /
                       ``!ヽ   !      /
                         `.i`-- '    /
                          i  ̄    /_
                          ヽ、____/` ヽ、  /
                                  /
                                 /\
                                 /  \



ヾ                                  ,、
  `ヾ _                           / l
      ̄,ー-z___               //   l l
  .    '.,/./l  ̄;  ト-三彡      ///    lノ_
      l.l ,' l  ヽ_.i`-' ノ彡彡彡彡==--- __二二r-─ヽ   やる夫が祟っていたのは…
      l.l l l    ~二--ゝl  ̄.//二=┐=─ 、=-、 ヽ
      .l.l.l i        ノノ'⌒ l l-、─-ト_ソ ノ  ヽ '-,__   祟ろうとしていたのは…
       ヾヽ、     /,'/ ./ ヾヽ`,        , ' r-┘
        ヾ==---- ',r "/ /   ヽヽ'        / /
        l   ̄ ̄  / /     ヽ、      / /    丿ノ
        ヽ      `-、--、    ` -、__'ノ   ノ
         ヽ                       ι'   /~
          `、    ト、─- 、_              /
           ヽ   ` - 、_    ヽ           ,-'
            ',    、   ─ - '         , -'
             ヽ    ──          , - '
              l             , - '
              \         _ , - '
                ト──--- '


704 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:03:29 ID:Z2EnF3A.

              ,.ィ , - 、._     、
        .      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
             ト/ |' {              `ヽ
            N│ ヽ. `                 ヽ
           N.ヽ.ヽ、           ,         }.
        .  ヽヽ.\         ,.ィイハ        |
           ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.     や ら な い 夫 に 対 し て じ ゃ
        .      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ
        .       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./     な か っ た ん だ よ !!
               ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'
               l   `___,.、     u ./│
        .        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,
                   >、`ー-- '  ./  / |ヽ
              _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、
        -‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
             /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
              _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
        .     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
              l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
        .     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
             l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
               l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
                l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
        .      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/



         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i


705 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:03:42 ID:Z2EnF3A.

                   ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
                 i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
               , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
               .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
             ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
人の死に       li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
散華の美学が    , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙      宣旨や院宣に
詠われるように   !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ         誰も意義を
なったのも…     ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ    見出さなくなったのも…
              ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
             ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
               \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
                 ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´
                  ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙
                   ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u
                   ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,  たかだか平家一門と
                    ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l   運命を供にしていい程度に
   古来よりの律令が       ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l   天皇の価値が
   顧みられなくなったのも…    ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ   下がったのも…
                        ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
                         ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙
                        ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  /
                       / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /


706 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:03:55 ID:Z2EnF3A.

            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i u       ´    ヽ  !     あの養和の飢饉も…
    _/:::::::!             ,,..ゝ!                            _
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /                        , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /                        ヽ‐'´            `‐、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /                        ≦               ヽ
 .! \     `‐、.    `ー;--'´                          ≦   , ,ヘ 、           i
  ヽ \     \   /                              l イ/l/|/ヽlヘト、      │
                                            |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
                                            ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
                            治承・寿永の乱も…    } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
                                            ゙!  7     ̄    | トy'/
      . /   , ,ィ ハ i、 、     !                      !  `ヽ"         .;-‐i´
       /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |                      ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
        イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│                       ヽ、 ー      / ゝ
        r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、                        \  __, ‐'  / / \
        !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ                          ̄ i::::: / /
        ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  やらない夫が
          ト、  ヽ.   ノ u,イl.   目的ではなくて…
         ,.| : \  `ニ´ / ; ト、
      -‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー-_
        /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、
       /     \    /     |        | ヽ


707 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:04:07 ID:Z2EnF3A.

                    ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
                  i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
                , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
                .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
              ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
              li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
              , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
              !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
              ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
               ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
              ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
                \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
                  ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´
                     ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙
                    ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u
                    ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,
                     ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l
                      ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l
                        ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ
                         ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
                          ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙
                         ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  /
                        / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     日  本  そ  の  も  の  に  祟  っ  て  い  た  ん  だ  よ  !
____________________________________________

    あれだけの絶対権力だった院政が、なぜあんな短期間で崩壊したのか?
    実際には4章で書いた院政が持つ核地雷に起因する事態が大半なのだが、
    そのメカニズムが周知されていなかった当時は、顕在化したのが保元の乱以降であったことから
    ほぼ全てがやる夫の呪いと考えられるようになった。
    多発した規模の大きい自然災害が、やる夫の呪いの凄さにさらに尾ひれをつけた。

や る 夫 が 『 日 本 最 大 の 魔 王 』 と な っ た の は 、 こ の 時 か ら で あ る 。


708 :名無しのやる夫だお:2010/06/05(土) 20:04:50 ID:a5DwMVS.
なるほど、日本に対する祟りかw
そりゃ、凶悪だな


709 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:05:31 ID:Z2EnF3A.

                  『崇徳院御託宣』(宮内庁書陵部)は

                    /                \
                  /     ,ィ三ニヽ/ニ=-、     ヽ
                 , '    //          \ li   ',
               . /    / /              l li   li l
               /     / /      呪       l li.   li l.
               .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                  / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
               . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
               / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
                /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
               ./   !            ::::       〉 li  li.l
                  l:..            :.       :::l li  li
                 ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
               ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                 li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                 li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                 li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                 li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
                 li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li

やる夫の怨霊は98,572柱の神々と900,043,492匹の鬼供を従えていると記している。

※この書物、偽作書の可能性が高いらしい。これに関する論文を読みたかったが、無理だった。
  ただ、何の意図を持って作られた偽書なのか? という点は非常に興味深い。


710 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:05:51 ID:Z2EnF3A.

この怨霊への恐怖、認識は、それまで朝廷関連者にとどまっていた。
                       それゆえ、日本の多数を占める武士にとっては他人事であった。

                              -‐─―- 、
                          / : : : : : : : : : : :\
                              /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                          /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
               __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
               〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
              {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
               `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
                  (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
              | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
             _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
             /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
           /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \

  しかし、京への帰還を切望していた後ッ鳥ゥー羽さまの恨みについて、噂が流れるようになる。



      例えば、こんな記事。 藤原定家の日記 『明月記』 嘉禄元年(1225年)6月13日
                     ___________
              .      .ノ ,――┬.――.┬――, l,
                    ,..-"ノ  'l'l' |::::'l'l'';ヽ::!  /'l, ヽ.ゝ..,
              .    |. i´   o_!,! |::::;|,[`:::::| ,/,‐,'i., `i .|
              .     |. !、       |:::__::::__:::| ____ ,! .|
                    `ヽヽ     r'´。Ξ-`/   --/r´r´
                     }. }     |   ゝ;;ノ  ニ7 .{ .{
              .     .,! ,!.     /      ..ニ7   'i 'i
                     i. i ,.-;=ミ、〉     ='     i .i
                    !. i {`☆',!,ヘ ,、 ,、 ,、`''-.,_ ,! ,!
              .     .ゝヽ`''''^´ |`::〉,ハ r`lヽ /""ノ ノ
              .       \\_ r='='ュr'==ュ.`_//
                        `''-二''‐、::::;:-''二-''´
                            `ヽ.’,r'´

「琵琶湖ほとりに志賀浦に奇妙なる鳥が群れる。翼幅三尺五寸(約1m)、足四本にして水鳥のごとし。
ある者がこれを食すと、即座に死す。人々はその鳥のことを『隠岐の掾(じょう)』と呼んだ」

     ※掾 = 国司の三等官    隠岐の掾 = 後ッ鳥ゥー羽上皇の隠語みたいなもの



712 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:07:14 ID:Z2EnF3A.

その一ヶ月後。

                            / ̄  ヽ、
                      / ̄ i´       \
                     /   ハ ハ、ヽ\ 丶 ヽ
                       { / /  リ \ \ヽ    ',
                     i   /=;、  ,;=ヾ ヽ   ヽ ',
                      l. / ,rェ;ァ〉  ,rェ;ュ\     i. ',
                        l i   / 丶     ヽ i ノ }
                          `i.  ヾ-^'       レ‐ラ/
                       |   ィ_‐-- 、    こ〃
                        _>、   ̄´   / 厂i
                      / /  lヽ_ ,. - '´ / l |、
                 _/ /     |`¨ ‐‐ ''´/  l  ヽ __
               _,/l |   ̄| ̄ヽ|      /___,」   i    ̄ヽ、
           _,. -''´  //     |   |!     .//   /   .l        \
          /      | |     |   }ト、   //   /   /      / i
          /      |/     |   ヽヽ .//   /  /      /   |

                     北 条 政 子 死 去。

           同年末には幕府の中枢を担った大江廣元も死去している。



714 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:07:28 ID:Z2EnF3A.

この時、まだ後ッ鳥ゥー羽さまは生きていた。 つまり生霊が呪い殺したと噂されたのだ。
実際、鎌倉幕府はわざわざ「後ッ鳥ゥー羽様の生霊のせいでない」と公式発表している。
                           -‐─―- 、
                       / : : : : : : : : : : :\
                           /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                       /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
            __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
            〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
           {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
            `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
               (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
           | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
          _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
          /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
        /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
        ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ



二年後の政子三回忌、清水寺の鐘楼の下に縛り付けられていたある僧侶がみた夢が噂として広まる。

            , ;,勹               , ;,勹                , ;,勹
           ノノ   `'ミ            ノノ   `'ミ            ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ         / y ,,,,,  ,,, ミ          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l         / 彡 `゚   ゚' l          / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ       〃 彡  "二二つ        〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ         |  彡   ~~~~ミ         |  彡   ~~~~ミ
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、  ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、    ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   /     |ll        |   ヽ/     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW   /       z W`丶ノW    /       z W`丶ノW     ヽ

「鎌倉の竹中にいる崇徳院怨霊と隠岐の後鳥羽院生霊がさきごろの天狗の跳梁跋扈の背後にあり。」

※鎌倉の竹中とは頼朝の父・義朝の首が埋葬された場所である勝長寿院。



718 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:09:00 ID:Z2EnF3A.

                           -‐─―- 、
                       / : : : : : : : : : : :\
                           /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                       /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
            __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
            〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
           {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
            `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
               (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
           | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
          _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
          /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
        /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
        ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
        /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
  .     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
  .      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
        \             /  {  |     │ ●ヘ \
         \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
  .          \___, イ: :{         / |     │    :|  l∧::.\
                     |: : ヽ       / |     │     |  | l\::.\

   では、後ッ鳥ゥー羽様が死んだ後、延応元年(1239年)以降はどうなったか?


719 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:09:17 ID:Z2EnF3A.

    仁治元年(1240年)に北条時房死去、仁治3年(1242年)には四条天皇、北条泰時死去。

                            r -、,, - 、
                        __    ヽ/    ヽ__
                       ,"- `ヽ, / ◯     l )
                     /  ◯ \__ (● ◯ i"
                    __/   ●)      ̄ )"__ "`;
                  .(_i  ◯    ' __, '"  ̄`'(___/.i⌒i
                    丶_ ,i⌒i,,_(_/    ◯ i ̄ ̄ )_|__
                  __, '"   ̄ ヽ! ◯ ●)  ミ~ ̄_◯ ヽ)
                  (_/     ◯ i    ∪  / ⊂{●  |
                   l ◯( _●) (  ̄)-    /   -'  i
                 /ヽ、   |∪l   T      i     ◯ '")

    怨 霊 の 恐 怖 は つ い に 武 士 も 当 事 者 に し て い っ た 。

怨霊についての認識を既に持っていた摂関家、皇族から将軍(摂家将軍、宮将軍)を迎えていたことが、
鎌倉幕府も怨霊を恐れるようになることに拍車をかけた。



           ちなみに、延應2年(1240年)にも彗星が観測されている。

            +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
             . .   ゚  . o  ミ.     ミ  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
                         l|     |    。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
            ゚  o   .  。   i|    |i.,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
           ゚ ,   , 。 .   + i|    |i.  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
          。 .  .。    o   .i|    |i゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
                  。   .   ゙i,    |j゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
           。 .  . .   .   .  ゙i,   |i.☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
              ゚  。   ゚  .  +。゛゙i,    |i。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
           。  .   . 。 。゚. 。* 。, ゙i,    |i☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
            .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ ゙i  |j. *。. 。 。 .    。    .
           ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚\. ゙i。゚. 。 . .   ,    ,   .
          ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚.\.゙i. 。 .   ,      ゚    ゚
           。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚ `  ,   。     。   .   .
           ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
          ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
           .  .     . ,     。       .           .  ,    .
                。                 ゚   .           。


720 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:10:36 ID:Z2EnF3A.

        こうして、怨霊という存在・概念は後鳥羽上皇を通して武士にも定着するようになる。

                             _.. -―'''''''―-- ..,,_
                           ,/           `゙''-、
                            ,/     _..-'''''―- ..、    \
                          /     .,/          \    .ヽ
                      . /      /              ヽ    .ヽ
                     /      ./      呪       ヽ    ヽ
                    /      ./               , .l,    .',
                   ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
                   !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
                  ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
                  ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
                 /      .l゙         "       ゙′     l      l.
                . /       !                       ,.|     ., ヽ.
               .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′
                      |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ
                       |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
                       |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
                       !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
                         !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
                      l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
                      l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
                         !、 `'',  │           !  l,i,'-/
                         i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
                     ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
                     . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
                         l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
                  l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
                   ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
                   .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',

か く て 、 や る 夫 の 怨 霊 は 、 日 本 中 が 認 識 す る 存 在 と な っ た 。


721 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:10:53 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___           やる夫の怨霊が
                    ,イ〃       |    `ヽ,__       『日本一』とされるようになったのは、
              .   N. {'             \
              .  N. {               ヽ     1.やる夫死後のゴタゴタが
              .  N.ヽ`               〉      すべてやる夫の怨霊のせいと
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /       考える人がいたこと
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     2.その考えが都びとだけでなく
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ        武士にも広がる機会に遭遇したこと
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\      この2つが合わさったからにょろ。
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|     ある意味
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |     『時代ゆえ』
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|    ということにょろ。
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |


722 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:11:08 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |          この時代以降、やる夫は
                        \_,/           やらない夫を祟っていたのではないと
                     ,. ─- 、,,.|___          考えられるようになったにょろ。
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \      『保元物語』には存在しない
              .  N. {               ヽ
              .  N.ヽ`               〉      「日本国の大魔と成て、
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /       天下を乱し国家を悩さん」
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     という記述が、
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ      『平家物語』や『源平盛衰記』では
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´      加えられることになったにょろ。
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-  やる夫の呪いの対象の変遷に
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|     各物語の成立年代がいつなのかが
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |    見て取れるようにょろ。
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |


723 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:12:33 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \      やらない夫が死んでからも
              .  N. {               ヽ     この承久の乱という祟りがあった…
              .  N.ヽ`               〉
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /     やる夫が祟っていたのは
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく     やらない夫ではないと分かった…
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ      その結果、
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´      どうなったかというと…
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |


724 :名無しのやる夫だお:2010/06/05(土) 20:12:58 ID:a5DwMVS.
キバヤシのあたまにボンボンw


725 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:13:55 ID:Z2EnF3A.

                  _
                 /O \
                  |. °  |
                 \_,/
                  |
        ,   / `ー---─|一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ        |    ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ      ど う や っ た ら
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ    恨 み が 晴 れ る の か が
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙     わ か ら な く
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,     な っ た に ょ ろ !
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;: 
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  /
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /


726 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:14:12 ID:Z2EnF3A.

          こ う し て 、 日 本 は 、 た だ や る 夫 の 怨 霊 に

                     /                \
                   /     ,ィ三ニヽ/ニ=-、     ヽ
                  , '    //          \ li   ',
                . /    / /              l li   li l
                /     / /      呪       l li.   li l.
                .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                   / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
                . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
                / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
                 /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
                ./   !            ::::       〉 li  li.l
                   l:..            :.       :::l li  li
                  ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                 / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
                ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                  li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                  li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                  li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                  li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
                  li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li

              「 静 か に し て い て も ら う 」 と い う

           受 身 の 姿 勢 し か と れ な く な っ て し ま っ た


727 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:15:37 ID:Z2EnF3A.





                  当時の人がやる夫をどう思っていたか。

                     どれくらい恐れていたか。

                それを端的に表すエピソードが残されている。




.


728 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:15:49 ID:Z2EnF3A.

鎌倉時代末期の動乱の物語 『太平記』。 巻の27、3条。



      `ヽ-''゙´ /   _,,/         i   |  (  j    .i        ゙ト,.   |
           !  .r'゙./       i   ト,  .|  ゙ヽ'゙.l,   |  .j   /   l.゙l,  j゙
           .l, .l゙ .|  ,ィ  ゙i, ゙i;、--゙l,ヽ,,,,゙l,    ゙l,_ノl゙_,,.ノL,, /.i,_  j゙ .| ./
           ヽ,.l  l,  l.|  .r:iヽ、ヾ;、, ヽ;\;、.  ゚  ゙Vシ .ノノ _,イ ./`l  ノ j/
            .ヾ、 ヽ, ゙l;l,. l,、;l ';ミ三三ニラ7゙\    l,三三ニシ/ /ィj゙ ノ  '゙
                 ゙ヽい、l,.l゙l,. ゙l,´´ ̄ ̄   .\   「 ̄`` ./ .j;リj'「゙l\
      `''ー-、,,,_      /l゙ .゙トい;. l,        .i!ヽ .|   .j゙ /'゙//i; |. \   _
           `゙゙'''ー-<゙ j゙ ,r、 ヾ;i,. ゙l,       ./ ゙l .|   .ノ .jン'゙,、,| | .r‐'''゙''゙゙´
      `゙゙゙'''ー-、、,,,_   ゙l j゙ .!A゙‐;i, ゙l, l,     ー:::-‐.リ  .,.イ /.,-vシ).|l.|/,L,、、=-―
               ̄.i. l;! ゙'j゙/゙l |  ゙l,. ゙lヽ、    ,,,   ./ j゙.j゙l゙l´).j゙'゙ |;l
      ,,_          l  ゙'' .|.| _ .ト、 ゙l, ゙\,    ,/  j゙./ .l,.|`´ ,j,L、,r:、,,、,_
       `゙゙ニー---、、、、,,ィi:V   .|.l_|.|.|.|. ゙l, ゙l,   `゙'‐''´   .// ri_j.|  l´      l三



       出羽国(山形県)羽黒山出身の雲景という山伏が愛宕山を訪れた際の体験を記している。


729 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:16:03 ID:Z2EnF3A.

                    l,  ゙'ー‐'゙    'ヾ;ー:、         .゙l,
                _,、-ー‐''         `゙゙´          l,     なるほど。
              ,/゙´   _,  i,  .i l゙   /  ,j  .j゙ .j,   .,、,,_  .l
            .|  ,r''゙ブ ゙l, ゙l,ニ:゙F| 。 |.‐シ=''ジ_,シ.l,  ヾ, .) l,     これは有数の霊場に
             ヽ.|  .|  i'ヾirH''t;;l,.   l, ミlr'Tl,゙じ゙ナ'F=  '゙`´  l,    ふさわしい景観ですね。
              ゙'  ヽ,. l゙l, i゙ー゙ー´クヽ.  l,. ´ ̄ ゙̄`l ./´゙'l,    l,
                 ゙ヾ.゙':|  、´  ヽ,.|     .ノ /'゙i,. j゙    l,   さすがです。
            (,゙ヽ        ,|   ヽ   .|  、,,,,_;シ' j゙jノ./-、.    l,
   ト-、,,_      `´     ./jl,   ヾ'=―     / /'´ノ::゙i l,    l,  愛宕山は。
   .j '`゙゙''‐-ニ;;''ー-、,,_   ./ ./.|∧  ー      .// /r''゙ / .l,    l,
   .|      ``゙゙゙'''‐ニ;;''゙-、,,| Y/:∧       _,j;! /,、-'゙´i1  l,     l,
   |       ,r‐'⌒'i,   `゙゙''j,ジl::|l, ゙l,   ._,,、r;ニ-‐!/,、v,=ミ   _,l_   ヽ,
   |      (    ,(    :イ)).|::゙l,l, ニ「゙´  .j 「rr' //゙)ノ '゙   / =--`゙ニニニ;;;;;;―''ニ
  .|       ヽ、,,_)ゝ    |(;| |:::::l./゙ .|   j゙ | ゙ヾ゙i゙     ;/
  _,ト---、、、,,_         .|Y ヾ、/  '゙   .ノ  .ト-シ    /  ,r‐'⌒ヽ,
゙´  l,      `゙゙゙゙'''''ー-、、,,_./|    ``゙゙゙''''゙゙´    ̄    ./   l    ) .r‐、
   l,             |::|.,,.、,'"'i  .r=i,       //、,_  ゙l,  _ ,ゝ ゙ー''゙
    l,             .l;:l  ゙'《   》'"゙ヽ    / /  `゙゙゙'''ヾ/ ヾ'、,,_



                                ,、-―‐--.、、,,._
                              ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
でしょう。                       /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                           /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
せっかくここまで来たんです。       ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
                       ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
いかがですか?            .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
                            j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
秘密の場所が                   i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
この愛宕山にはあるのですが          >i,ii,            /゙   ,、>、,
ご覧になりますか?              /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
                         /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i


730 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:16:16 ID:Z2EnF3A.

         /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,
.         /{___/                \
     ,イ   {                   ’
      {入_ゝ                   ':,
.     \                       ,
.      / '  /      / {   \  \        ,       ほお…?
     | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',
     { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',      それは
     ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ     ぜひ拝見したいですね。
.        \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ
              ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ
              ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i      \
            /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \_
          / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄
          / / 〃   |      | /  ム ∨



         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .  . .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--  --.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_


731 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:16:28 ID:Z2EnF3A.

            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'  これは…?
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ    この山で修行する方の中でも
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |    上級者の方達の住坊ですかな?
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |    なかなか立派な建物ですが。
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|
、__,/ /       l f´    `ヽ ヽ  ',    ,,ィ |::::|.  |:::::::..ハ.   |
   `> ,_      | l      ', .',   r ´     |::::|.  |:::::./ l  |
       `丶、. い、 f⌒ヽ,  l !  |        |::::|.  |/   |   |



                    l,  ゙'ー‐'゙    'ヾ;ー:、         .゙l,
                _,、-ー‐''         `゙゙´          l,
              ,/゙´   _,  i,  .i l゙   /  ,j  .j゙ .j,   .,、,,_  .l      ちょっと待て…
            .|  ,r''゙ブ ゙l, ゙l,ニ:゙F| 。 |.‐シ=''ジ_,シ.l,  ヾ, .) l,
             ヽ.|  .|  i'ヾirH''t;;l,.   l, ミlr'Tl,゙じ゙ナ'F=  '゙`´  l,     なんだ…?
              ゙'  ヽ,. l゙l, i゙ー゙ー´クヽ.  l,. ´ ̄ ゙̄`l ./´゙'l,    l,
                 ゙ヾ.゙':|  、´  ヽ,.|     .ノ /'゙i,. j゙    l,    あの方は…?
            (,゙ヽ        ,|   ヽ   .|  、,,,,_;シ' j゙jノ./-、.    l,
   ト-、,,_      `´     ./jl,   ヾ'=―     / /'´ノ::゙i l,    l,
   .j '`゙゙''‐-ニ;;''ー-、,,_   ./ ./.|∧  ー      .// /r''゙ / .l,    l,
   .|      ``゙゙゙'''‐ニ;;''゙-、,,| Y/:∧       _,j;! /,、-'゙´i1  l,     l,
   |       ,r‐'⌒'i,   `゙゙''j,ジl::|l, ゙l,   ._,,、r;ニ-‐!/,、v,=ミ   _,l_   ヽ,



733 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:17:45 ID:Z2EnF3A.

    丶─ ─ ─ `ヽ::::::::::::::`\       ``           ´´      /´::::::::::::::::::::::::::∠
             `ヽ:::::::::::::::\       ``          ´´     /´::::::::::::::::::::::, , <´_ >、
      ─ ─丶_ _ \:::::::::::::::\    >``         ´´<   /:::::::::::::::/´´丶
         /´     ``\:::::::ゝ    >``        ´´<   /:::::::::::ノ´    ヘ
           ̄  ̄ フ ̄ フ `\::\    ノ``       .´´\  /:::::::/_
                /   /\\     ``      ´´   /::::/    \
               ´|    /  \::::\   ``     ´´  //  \_
                  //  /\::::\  ``    ´´ //     \`
                     /  ヽ:::::ヽ  ``   ´´ /::::/                   _
_                        ヽ:::::::ヽ ``   ´´ /::::/             _ , ,: : ´::´:::::
、::::::::::::`:::::::::::::::、、                ヽ、丶``  ´´/::/          , , :::::´::::::::::::::::::::::::::´
 `丶丶、:::::::::::::::::::::``::::丶 、、_        ∧`\`` ´´// ∧    , , :::::´::´::::::::::::::::: ´ ´ ´´
  ヽ   \   ``ヽヽヽ丶丶丶``丶丶丶丶 | |   `` ´´/  .| |:::::::::::::::::::::::,::::,:::´ ´ ´
   |    ∧             `` ` `丶.| 丶丶 / \/´ / .|、´ ´ ´
                         _/::::::: ̄ :::::::::::  ̄:::::::\_
                _ , , , ,..::::/:::::::::::_.::::::::::::::::。::::::::::::::::_   \_  、、
             /´::::::::::::::::::/::::_/ ̄ \/丶:::::::::::/\/ ヽ─、:::::::\:::::::::丶丶
          /´:::::::::::/´/::::./´     /  丶:::::::/  \     `\::::\`\:::::::\
       /´:::::::::::/´ |⌒|⌒J       /    |:::::::|    \       し⌒|⌒| `\::::\
     /:::::::/´              //    |:::::::::|    \\            ∧ \::::\
  /´:::::::/´∧              /::::/     ノ::::::::::丶    ヽ::::ヽ             ヽ \:
/::::/´´                 / /      /:::::::::::::::ヽ    \\             ヽ
/                    //      |:::::::::::::::|   | \
                    //        .|:::::::.─:::::::|   |  |\
                   / |        |:::::::| .|:::::::|    \ \ ヽ



735 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:18:09 ID:Z2EnF3A.

                    l,  ゙'ー‐'゙    'ヾ;ー:、         .゙l,
                _,、-ー‐''         `゙゙´          l,
              ,/゙´   _,  i,  .i l゙   /  ,j  .j゙ .j,   .,、,,_  .l       翼が…
            .|  ,r''゙ブ ゙l, ゙l,ニ:゙F| 。 |.‐シ=''ジ_,シ.l,  ヾ, .) l,
             ヽ.|  .|  i'ヾirH''t;;l,.   l, ミlr'Tl,゙じ゙ナ'F=  '゙`´  l,      金色の翼が
              ゙'  ヽ,. l゙l, i゙ー゙ー´クヽ.  l,. ´ ̄ ゙̄`l ./´゙'l,    l,      生えているじゃ
                 ゙ヾ.゙':|  、´  ヽ,.|     .ノ /'゙i,. j゙    l,     ないですか…!?
            (,゙ヽ        ,|   ヽ   .|  、,,,,_;シ' j゙jノ./-、.    l,
   ト-、,,_      `´     ./jl,   ヾ'=―     / /'´ノ::゙i l,    l,
   .j '`゙゙''‐-ニ;;''ー-、,,_   ./ ./.|∧  ー      .// /r''゙ / .l,    l,
   .|      ``゙゙゙'''‐ニ;;''゙-、,,| Y/:∧       _,j;! /,、-'゙´i1  l,     l,
   |       ,r‐'⌒'i,   `゙゙''j,ジl::|l, ゙l,   ._,,、r;ニ-‐!/,、v,=ミ   _,l_   ヽ,



            -、,,,゙'''ミ'ヽ,,゙'゙-、、、   \,   〔 `i、   ,、-‐r、,、
            -、 ゙゙゙'-ヽ`'''‐、i、`'i、   }'i、  ゙l  | ,i´  / ,、゙l、
              "''‐-、、, ミ'- `' ミ ヽ、  i、`!、 ゙l | |i|,v"/゙,/,_ノソノ
               -、,,__、 `'-,_´"'''-''-、、\、 ヽ ゙l,,'ミレ" ゙"」レ
            `゙''ー-ミ゙"''‐-、,,, "''‐-‐、,,,_`゙'‐-、,ミ-、'"/、 /ヽ`″
            "''‐--‐''‐‐-ミ-‐''"゙⌒''‐''゙゙''   ,,彡 /` ヾ-、`)
            ,,,,、    " _,、-‐''‐''"二ニニ=!'' ,,/|  /
            、,`゙''''=、-‐''"‐、-‐''"゙゙ ,,-'',-‐'〃,、゙|  l
            ゙>\_,,,ニ'''''''",,,´, _/,,‐,,r'/゙,/,,/l  | ヽ
            二ヽ\<''',>''冫'゛ ,彡/゙/´,.//゙i|‐| ∧
            ー'" ゙li、゙'\  ,,レ/'"`,i´//シ/″\ \
             '"` `i、 `''r'" ,,/゛ ,///,i/   ,/\

その男の背中には、金色の鳶のような翼が生えていた。男は座って翼をつくろっている。


736 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:18:29 ID:Z2EnF3A.

             男の左右にいる人物たちも見るからに異様である。

                        } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
            ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
            | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
            |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
       、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
        \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
          >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
         / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
         | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
       二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
       三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'
       三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__: : : :.:|
       三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|        \: : |

右側に座っているのは身長8尺ほどもあろうかという大男で、大弓大矢を横たえて畏まっている。



             __
             〃 }\_
            {{,ノ::::..し{^Y\
             `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ
                (>r‐<_ /\{
            | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
           _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
           /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
         /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
         ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
         /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
   .     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
   .      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
         \             /  {  |     │ ●ヘ \
          \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
   .          \___, イ: :{         / |     │    :|  l∧::.\
                      |: : ヽ       / |     │     |  | l\::.\

左側には日月星辰の模様を織り込んだ礼服を着た人々が金の笏を持ち、ずらりと並んでいる。


737 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:18:46 ID:Z2EnF3A.

            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l   日月星辰の模様の服は
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'   天皇陛下のご衣裳…
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ     いったい、あの方達は…?
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |     これは、
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |     どういう場所なのですか…?
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|



                             ,、-―‐--.、、,,._
                          ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                         /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                       /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
驚かれたご様子ですな。      ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
                    ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
あの中央に居らっしゃる    .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
羽の生えたお方は…           j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                        i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
                        >i,ii,            /゙   ,、>、,
                       /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
                     /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
                    .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i


738 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:20:02 ID:Z2EnF3A.

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    呪  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|              崇  徳  上  皇
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ____________________________
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉



                              ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、
                            ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ
                            ./i|イ{!l}      __\  /   ',
                           iイ川イ    ___  、`" ,'   ',
                           |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   その右にいる背の高い男、あれが  i  {i川八     ィ' ---'  }   源   為   朝
_________________ 入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈____________
                         川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |      .,r──-、
                         イ川l|ム !      i::::::::::::::::::::|  |     /、_i´   ヘ- 、
                        彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ  /`ヽ!  /⌒  ',  }_
                       {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }  {  __ ,イ´   /`ヽ⌒ヽ
                        ,从イィー r───‐人____ノ   ',  /       /  .〉`ゝ'、
                  /i      W.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.   ヽ'   / ./  ./  /  〉、
                . / .|       | 人_ノ   三ニ弋_| | レ' |    i   /     /  /  ′.}
                /  |_ , . -- ─ヽ、_     ニニ、_ | _|     {   {     ,         リ
                .   |__   ヽ ヽ   イ `ニ==‐-、_ } | i_i、ヽr 、人      ,'       / , ィ


739 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:20:14 ID:Z2EnF3A.

                            ,、-―‐--.、、,,._
                          ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                        /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                       /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
一番前の方が淡路廃帝、     ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,        かつての高僧である、
大炊王(淳仁天皇)。      ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,        玄肪、真斉、寛朝、
                  .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,       慈恵、頼豪、仁海…
その次が井上内親王。          j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                       i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,     ああ、それと
その次が後鳥羽上皇。          >i,ii,            /゙   ,、>、,   後醍醐先帝の皇子の
                      /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ, 護良親王。
そのお隣が後醍醐先帝。     /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
                   .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
                   /  ,、,_    ヽr^i-‐;;i゙,i=/=-‐‐! //      .i,



            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,    なんと…!?
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'    皆、深い御恨みを持って
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /     亡くなられた
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ      やんごとなき方や
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |      高僧たちでは
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |      ないですか…!?
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|


740 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:20:26 ID:Z2EnF3A.

大炊王:孝謙上皇と対立、上皇によって廃帝流罪。
     流罪先からの逃走中に病死したとされるが、捕縛の際に殺された可能性がある。

井上内親王:光仁天皇の正妻。呪術を行ったという密告により、息子・他部親王と共に幽閉、暗殺。
        平安遷都後も怪異は止まず、桓武天皇は生涯、井上内親王母子の祟りを恐れた。

護良親王:建武の新政時に後醍醐天皇と仲違いを起こし、足利尊氏の弟の監視下に置かれるが、後に殺害。

玄肪:吉備真備とともに中国に渡った高僧。藤原広嗣の乱に連座し、大宰府に左遷。謎の死を遂げる。

真済:弘法大師十大弟子の一人。空海に才能を見出され、24歳という異例の若さで阿闍梨となる。
    染殿皇后を見染めて煩悶する中、死去。その執心は青い鬼となって染殿皇后を驚かし、
    最後には八大天狗の一人・愛宕山太郎坊に転生。

寛朝:宇多天皇の孫で、仁海と並ぶ僧正。なぜ『太平記』に記載されたか不明。
    平将門の乱平定のために関東に下向。その関連で成田山新勝寺を建立。

慈慧:第18代天台座主。台密の創始者。呪力を自在に行使し、鬼の姿に化して疫病神を追い払う。

頼豪:法海の長鯨、法戦敵無しと言われた三井寺の僧。白河院の子授けの祈願を成就させるが、
    園城寺の戒壇創設を延暦寺の反対により妨げられる。怨念を抱いて断食して命を絶ち、怨霊なる。

仁海:真言小野流の開祖。雨乞いの名手。人妻と姦通し、生まれた子に水銀を飲ませる。


741 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:20:40 ID:Z2EnF3A.

                             ,、-―‐--.、、,,._
                          ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                         /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                       /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
                     ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
あの方達は             ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
ここで相談事を         .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
なさっておられるのです。         j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                        i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
                        >i,ii,            /゙   ,、>、,
                       /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
                     /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i



            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ     相談事…?
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|
、__,/ /       l f´    `ヽ ヽ  ',    ,,ィ |::::|.  |:::::::..ハ.   |
   `> ,_      | l      ', .',   r ´     |::::|.  |:::::./ l  |


742 :名無しのやる夫だお:2010/06/05(土) 20:20:54 ID:rGdtVUXU
崇徳×為朝カップリング伝説……


743 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/05(土) 20:22:25 ID:Z2EnF3A.

こんどはどんな風にこの日の本を混乱の坩堝に陥れるか?

__________________________________________
                       ,、-―‐--.、、,,._
                    ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                   /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                 /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
               ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
              ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
            .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
                  j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                  i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
                  >i,ii,            /゙   ,、>、,
                 /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
               /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
              .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                         その相談をしておられるのです。



          いつ爆発するかわからない時限爆弾、歴史上の怨霊全ての親玉として

     元寇も鎌倉幕府崩壊の動乱も、すべて『 や る 夫 の 企 み 』とみなされたのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。