2011年12月03日

やる夫が日本に呪いをかけるようです 第十章 その参

80 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 21:56:15 ID:Yqa2.HEc

               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、    【 源 為 朝 】
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ    父・為義とはその後別行動をとったが、
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_  父同様に逃亡中に病を得る。
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪_ 闘病のための湯治中に近江国坂田で捕縛。
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー____________________
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //

『兵範記』 八月条 廿六日 乙未
「謀叛党類為義八郎源為知、前兵部尉源重貞搦進之、日来之間、窃経廻近江国坂田辺、
不慮之外、尋伺搦取云々、先参殿下、次奏聞公家、明朝可為参陣頭由蒙勅定了、」


482 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 21:56:34 ID:Yqa2.HEc

     既に保元の乱から一ケ月経過しており、彼の武勇を惜しむ声から死罪を免れる。

                           ___
                          ,r'::::::::::::`:ヽ、
                         x彡イ´ `ヽ::ヽ
                          r'´   __  {::::ハ
                          リ  ィtュ,  }:::::ヘ
                           〈r。〉     〉〈 ヽ 、
                          l `__   彡:::: ノ:::::ヽ
                              | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ
                             | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
                            } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
                ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
                | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
                |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
           、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
            \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
              >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
             / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
             | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
           二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
           三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'
           三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__: : : :.:|
           三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|        \: : |

弓を射ることができないように左腕の関節をはずし(一説には腱を切っ)て伊豆大島に島流しとなった。
残念ながら為朝の処分について信西がどれほど噛んでいたかは調べがつかなかった。


483 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 21:57:54 ID:Yqa2.HEc

              ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、
            ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /i|イ{!l}      __\  /   ', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           iイ川イ    ___  、`" ,'   ',   彼のその後には、2つの伝説がある。
           |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ   記録として残されているが故に、伝説と呼ぶのも
          /`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈    いささか微妙な表現ではあるが、
          i  {i川八     ィ' ---'  }    内容は伝説と呼ぶにふさわしい話である。
______ 入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈__________________________
         川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |      .,r──-、
         イ川l|ム !      i::::::::::::::::::::|  |     /、_i´   ヘ- 、
        彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ  /`ヽ!  /⌒  ',  }_
       {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }  {  __ ,イ´   /`ヽ⌒ヽ
        ,从イィー r───‐人____ノ   ',  /       /  .〉`ゝ'、
  /i      W.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.   ヽ'   / ./  ./  /  〉、
. / .|       | 人_ノ   三ニ弋_| | レ' |    i   /     /  /  ′.}
/  |_ , . -- ─ヽ、_     ニニ、_ | _|     {   {     ,         リ
.   |__   ヽ ヽ   イ `ニ==‐-、_ } | i_i、ヽr 、人      ,'       / , ィ
_,ノ `゙ヽ    //               ゙ー‐┴ ヽ            .// /
      \/ /      /三≧x、   /三ム __ }            /  /


484 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 21:59:43 ID:Yqa2.HEc

その伝説の一つは…
__________________________________________
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶                 //r'jr'゙        、 ,   V  !
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶                !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ                rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ              ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \           r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \          {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\       -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶 __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.   ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7  、_
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;" _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;".             || lハ 丶      ̄`      イ トV7
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.; こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;".       \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.        丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.;  、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  伊豆大島へ向かう彼の船が嵐で遭難したという言い伝えから始まる。


485 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 21:59:56 ID:Yqa2.HEc

為朝はとある島の村に流れ着く。
_________________________________________
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.
        :...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..:...:...:...:..:..:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...
       . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .          . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
       . . . . . . . . . . .                      . . . . . . . . . . .
                               / ̄ ̄\
                             /       ヽ
       ____________|_____|____________
                -−_─ - ─_−_─ - ─ - ─_−_─ - _−-
                  -  ̄─_─ ̄─ -−-- = ─− ̄-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             やがて村の有力者の娘と結ばれ、息子をもうける。



        ./           i  ヾヽ、 ゙i. ヽ    ゙i
        i           , l . i i ))ノ .!     .i
       i"        ,. / ,/ ノ ,! !,リノ! .!    i l
 ̄ ̄ ̄ ̄ !       ////ノ_/"' ヽ. :.  :i l ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       l     _/`ーーー'"'"      \:、 リ リ   息子は成人し、
       .i!    ./ ̄ニニヽ-、_   _,..-=ニニ二゙リ,! ,!    村長に留まらず、
        ヽ.  ,.-、!.ミ!"P0テ`     f"P0;)゙゙F !,.、. /    大臣にまで出世。
         \.トヽi ゙ヽニニ-'  ,.   ヽニニr'゙ /,: レ!
          ヾヽヾ、      .ハ       /レノ/     やがて、混乱の続いた島を
           \゙ー:、     ``      /‐"/      安泰に導いたという。
________Y! iヽ、    (  ̄.)   ./ ハl_____________________
             )ィ  _i:::....._   ̄ _,..ィ〔 ! (_.>
             "ヽ__ト‐i=ー==;=-≦'i.ト-‐'"
          ___,...-l.! :E ┌i l i'゙l ヨ.,!ヘ____
      _,..rニ'" 、__>-' -ミミ≧.ヽ川ノ_ノ",  ヽ<_>、,___
    _,.-'ー-ニ..><_,.-‐‐-、 二ニ十ニ---、┌' ̄`゙i7、__,.>、_
   / ,  i  、   、ヽ.__j l"   l.l.l    ! ゙ー--'/ i  、 .i ヾヽ
  ./ /  ハ  ヽ.i  .! !    l   l.l.l    !   ̄ソ! .!  l ∧ .l l.i


486 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:01:22 ID:Yqa2.HEc

名を 『 舜 天 』。
__________________________________________
                       /           i |          ヽ
                     i            //          i
                     ト、        / ,//∧          |
                     ', \__∠ノノ/´   \、       |
                      ゙、 丁, 三_   ヽ,.二三  i ,- 、   /
                        ヽ i 、!Uj      lUj ,  } h } |   /
                        }l         ̄  ノ イ_/  /
                        `1    ` _         }   /
                         ヽ   ` ’      ジ   (
                          |:i\      _. ィ _>i | レ′
                            ̄`F寸斤一 i ´  レ'_____
                      ,.ィ===ァオ「 |.リ   /   // ニ二 ̄
                     //∧ ̄〕 \ヽ!_,∠ -'´ く_  //|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三代しか続かなかったが、琉球における2番目の王統となったと琉球正史『「中山世譜』は伝えている。



488 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:03:01 ID:Yqa2.HEc

実際には為朝は遭難してはいない。
_________________________________________
               |  |  /          ミ     ,/:::::      |
              ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
             ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
             ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i
             i "< ~o_/"  ;  `=~"''''~"        ,/::::   / " `i
             .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i
             / ,,//               i    i::    i /   /
            .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i <~  i
              i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,
              ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
             ヘ <   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
              i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
              i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
              i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \
             丿   `;:::::=-'"      ソ,      i   ~  i::::::::      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 そして、今ひとつの伝説は、彼が伊豆大島に流されてからの話である。


489 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:03:16 ID:Yqa2.HEc

   .;      ./       \  /    /`´      /
   ! ^.ヽ−-'゜ ~|   相模   ヽ/     /       |
   .l       /   ,,.-─-ーt、}   _/  上総   /
\ /.  駿河  ヽ_   /      ;. ヽ ヽ         /
    ,..-‐、.._. _/.\r´      ヽ /  /__..-, ._..,;-^
  ./   __/.  (            | 安  ./゛      流罪から10年後、
 _..ノ    .l    .ヽ、        、-. 房 ./       左腕の傷が癒えた為朝は
/゜     r 伊豆 /          ヽ--´         伊豆大島と伊豆7島を斬り従え、
      |     /    .;..、                 舅となった伊豆大島代官を脅して
      ./   r^    ||←伊豆大島         伊豆諸島を所領としていた
      .\ /       ~~                 伊豆介・工藤茂光に対し
        ~      利島                 年貢を納めるのを拒否しだした。
          式根島 新島
         神津島                     信西が「避けるべき」としていた事態が
                                   発生したのである。
                  三宅島

                   御蔵島

               かなり南に ↓ ウキタアイランド


490 :名無しのやる夫だお:2010/06/04(金) 22:04:13 ID:ezqrwepc
泳いでいける距離じゃねえな宇喜多アイランドw


491 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:04:42 ID:Yqa2.HEc

嘉応2年(1170年)、伊豆介・工藤茂光は上洛して為朝の乱暴狼藉を訴える。
_________________________________________
         /     ヽ|  lヽ    / l       ヽ\.  | ||       ヽ\         ,、 ||ヽ
        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.      / \.||
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ\   / ●  \
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \ヽ\ `''ー---ー''く
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く ヽ\ノ `ー'`ヽ
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`lヽ、.   ;"'''ー- .,,_
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/`l ヽ  / ● _,.-'"
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ'  | /_,.-‐''"/`ヽ
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.  ノヽ、/丿 ノ_./
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー''' 彡 ヽ| ヾ   /
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡ /ヽ___/ヽ、ヽ-‐、
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''  / ヽ、 ヽ-ー''
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (  くヽ、ノ\ /≡/ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
彼の主張は受け入れられ、討伐の院宣が下る。
         同年4月、茂光は伊東、北条、宇佐美ら500余騎、20艘で伊豆大島に攻めよせた。


492 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:04:56 ID:Yqa2.HEc

                ___
               ,r'::::::::::::`:ヽ、
              x彡イ´ `ヽ::ヽ
               r'´   __  {::::ハ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄リ  ィtュ,  }:::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                〈r。〉     〉〈 ヽ 、    この戦いでも為朝は弓の腕を発揮。
               l `__   彡:::: ノ:::::ヽ   攻め寄せる船の底を射抜き、
                   | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ   兵員を載せた船を兵員ごと沈めている。
__________| }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ________________________
                 } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
     ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉            保元の乱では
     | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ         一矢で2人射殺したが
     |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__      今回は一矢で何人葬ったかな!?
、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
 \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
   >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
  / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
  | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'



しかし、多勢に無勢…
_________________________________________
                         -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
                   __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
                   ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
                   l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
                   _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
                                  || lハ 丶      ̄`      イ トV7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        本格的な上陸が始まる前に彼は自ら命を絶った。享年32。



494 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:06:16 ID:Yqa2.HEc





こ れ が 記 録 と し て 確 認 で き る
_________________________________________
                    -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
              __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
              ゝ;:ヽ-‐―r;;,   '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
          ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
          "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
             〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}     ̄`      イ トV7
            ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
            (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、 〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
            "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
              (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:) ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 『  切   腹  』

                                 の 最 初 の 例 と な っ た …




.


495 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:07:35 ID:Yqa2.HEc





                この自らの命の絶ち方は
                新たに世にはびこりだした

                  「 死 の 賛 美 」

                 「 散 華 の 美 学 」

          と相まって、武家の間に浸透していくこととなる。




.


496 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:07:52 ID:Yqa2.HEc





          散華の美学、その一例なのが『平家物語』、一の谷の合戦。

                        ∩___∩
                        | ノ      ヽ
                       /  ●   ● | クマ──!!
                       |    ( _●_)  ミ
                      彡、   |∪|  、`\
                     / __  ヽノ /´>  )
                     (___)   / (_/
                      |       /
                      |   /\ \
                      | /    )  )
                      ∪    (  \
                            \_)

我が子と同じ年頃の武士、平敦盛を斬ってしまったことに端を発する、熊谷直実のエピソード。

                 能の傑作演目の一つにもなった。




.


497 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:08:06 ID:Yqa2.HEc





                     タイトルは 『 敦 盛 』

                             ∩___∩
                           /  ノ   \  ヽ
                           | ●    ● |
                         彡   (_●_)    ミ
                          /、   |∪|    ,\
                         /.|     ヽノ    | ヽ

            殺した方ではなく、殺された方がタイトルロールになっている。

           そして殺した方も殺された方も、両者とも涙を誘う対象であった。

                       まさに散華の美学。




.


498 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:08:25 ID:Yqa2.HEc

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |                 最高の歌詞を
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   最高の節と
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..    最高の声で…
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧     オレ様の今様をきけえええええ!
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }     ゲーッハッハッハッハッハ!!
         |     | | | }
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ


499 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:09:44 ID:Yqa2.HEc

              .r-、 _00           /::::'┴'r'
              .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
              .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
ノリノリなとこ      . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
申し訳ないですが…  、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
              . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                      ____
                     /  ノ_ ヽ,,\
    / ̄|             / ≦゚≧ミ:≦゚≧
    |__|             |    (__人__)|   なんだ!?
   (,,゚Д゚)             |     |r┬| }
   (  P `O            |     | | | }    この新たな治天の君に
  /彡#_|ミ           .  |.    `ニニ  }   何の用だ?
   く/」_|凵_ゝ          .  ヽ      }
                     ヽ    ノ



                     / ̄ ̄\
                    /  _ノ   \
これ、亡き鳥羽院の       |   ( =)( =)
遺言なんですが…         |      (__人__)
                   |     `⌒ ´l
    / ̄|             |         }      ああ?
    |__|              ヽ        }
   (,,゚Д゚)              ゝ     丿      今さらなんだ?
   (  P `O       ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
  /彡#_|ミ      i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
   く/」_|凵_ゝ     i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|


500 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:09:56 ID:Yqa2.HEc

                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ⌒\
                      |  ( _)( 。)
                         |      (__人__)     あれ…?
                        |     `⌒ ´l
                       |         }
                       ヽ        }
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|



                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ヽ,,\
                      |  ( 。)( 。)
                         |      (__人__)     どゆこと…?
                        |     `⌒ ´l
                       |         }
                       ヽ        }
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

鳥羽上皇の大量の資産は、彼の愛人・美福門院とその娘・ワ子内親王(八条院)に相続された。
そのため、やらない夫の資産は藤原頼長から没収した所領から形成するしかなかった。
「やらない夫がワ子内親王に頭が上がらなかった」という表現をよく見かけるのは、これが原因。


501 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:11:39 ID:Yqa2.HEc

                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ヽ,,\
                      |  ( ◎)( ◎)
                         |      (__人__)     えーと…
                        |     `⌒ ´l
                       |         }
                       ヽ        }
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

あたり前である。院の所領は皇室のモノではない。「個人の資産」なのである。
誰に相続させるかにルールなんぞない。白河が、そして鳥羽が父や祖父から受け継いだものを
やらない夫は相続できなかった。



                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ヽ,,\
                      |  ( ⌒)( ⌒)
                         |   i   (__人__)     でも…
                        | ∪   `⌒ ´l
                       |         }      治天の君だから
                       ヽ        }      まあ、気にしなくていいよね…
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

   治天の君は私的権力である。制度化されていない権力である。
   所有した個人が消えれば、個人とともに墓の中に行く可能性のある権力なのである。


502 :名無しのやる夫だお:2010/06/04(金) 22:12:41 ID:fLOMLh1o
後三条天皇が手にした経済力はこうして八条院へと委ねられたわけかー。


503 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:13:00 ID:Yqa2.HEc

  彼は治天の君を受け継げたのか? 受け継げなかったのか? いやそれ以前に…

                        / ̄ ̄ ̄\
                      /         \
                     ./          ヽ
                     .l           l
                      l             l
                      .l           l
                      ヽ          l
                       ヽ         l
                        .)     __,,../
                       /===、_〈
                     /       \
                    /            ヽ
                   .i       、    . l
                   .l i         l     l
                   l .l        l     l
                   l l       . l     l
                   l l       . l    l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    治 天 の 君 と い う 権 力 は こ の 時 点 で ま だ あ る の か ?
_________________________________________


504 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:13:12 ID:Yqa2.HEc





             あれだけ徹底的に皇位の権威が破壊されたというのに
             
                治天の君という権力まで失われてしまったら…




.


505 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:13:23 ID:Yqa2.HEc





                    天皇に何が残されるというのであろう…




.


506 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:13:34 ID:Yqa2.HEc

好意的に解釈すれば、この時点でやらない夫は気づいたと思う。
「治天の君」という権力は、鳥羽上皇が墓に持っていってしまい、

     も う な く な っ て い た こ と に 。

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
       / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
     /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
    │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
    │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 l
    │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|
    │           :;:;:;:           │
    │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳│
    │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
    │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
    │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
    │  ;::::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;    l
    │  .;:::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;     |

『現天皇と血縁的つながりを持たない者』が資産を継承した時点で、
それも集約ではなく分散、分割という形で継承した時点で

    治天の君というメカニズムは動作しなくなった。

『権力の基盤』とその『行使の機関』が別々になってしまったのだから。
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


507 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:14:42 ID:Yqa2.HEc

                      / ̄ ̄ ̄\
                    /         \
                   ./          ヽ
                   .l           l
                    l             l
                    .l           l
                    ヽ          l
                     ヽ         l
                      .)     __,,../
                     /===、_〈
                   /       \
                  /            ヽ
                 .i       、    . l
                 .l i         l     l

      好意的に解釈しなければ、やらない夫は徳川埋蔵金のごとく

                「あるとしか言えない」

      治天の君という幻にとらわれ続ける生涯を送ることになる。

この時点でもし治天の君という権力が残っていたとすれば、可能性があったのは…


508 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:14:54 ID:Yqa2.HEc

               ,i;;;;;;;;;;;;;":::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::::..: : ..'i,
               i;;;;;;;;;;;'',:::'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. 、::. : :...l
                 !;;;;;;;/: ::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.::.:_;、::.::.:.;;、;:.::. : ::.::.::.::.::.::. : : :゙'., :.:..|
               |;;r";´: : : : :;. : : : : : : : :./;;;;;`V´;;;;;';: : : : : ::. : : :: : : : : :゙、:..l
               i´;;;; ;;;,'; : :.i':. : : : : : : ; :l::.:``゙''"´:.:::i: : :. : : ::. : : ::. ::.::. ::..i:..|
                  i"/;;;;;;;';::.:.:.|::.::.r :; ::..::.l::;!:::       :::!;、::.::.::.i::.:.:.l::.::i::.::.::.'i:.i:..|
                  l;i'l;;;;;;;';:.;;::.:ヾ;::i;::.l,.:|::.:'lヾ、     ,リ'/;:.::.i.リl::.::,l::.:;j;:.::}::..リ::..!
               i!lヾヾ;',:;;゙、i_::.ゞ、:i゙i,\i,ヽ`    ´ノ,ノノ'リ_i;;,=i∠!,:ィ'::,イ::.!::..!
               `i|;l゙ヾr、;;_;ヾ、ミゞif;j;i'';r`、,_,.  、_,.-ー,ィi;f;''jー;彡丿,r'^リ::.:i:::.',
               ,i;;;|;;;;;゙i、ドi,´ 'ヽ ゞ。;ソ,゙' 'ヽ   ` `, 'i。;ソ_,.'" ,i/.j /i|;:;|;:::.i
               /;;;;li;;;i::'、t,'.,l  ´"' ゙̄    ',       ´ ゙̄`  /r',彳l;:ト:',:::.',、
              ,/;;;:;;;'i;/,'ゝ、。;l,          ,         ,/,゚r'ヘ\:::.::!:::..',ヽ、
               //;:;://::::::::::゙''ヽ,         .:l         /::: : : : `、ヽ,::l::::.i,::..\
              f;;:;;:、//: : :. ::::::::::::::ヽ、      ゛       /,l::.::.: : : : :.ヽヽ;'i、::.l::.::...';
           ,/ー//: : : : ::.:::.::::::::::::::'i;\    ‐一'''   ,/r'〈:::.::.: : : : : :./:/;:;:',`゙'.、::.:.!
        r''''イ..:..:゙、.:ヽ, : : : : : : : ::.::.:::::::/;:ヾ;゙,,、      ,/,f";;:;;;゙,、::.: : : : : ,':/;:;:;:l:'l,,r=-゙:i、,
        !..:.!.:. : . 冫、:ヽ、: : : : : ::.::.::;,/;;;:;;;:;:`;、ヾ,、,, _,,.ィ' /゙;;:,i";;::i,ヽ: : : : ::,i:,l;;;:;:::::i.゙|".:. : :.:゙''-、
        ,!.:.:l:: : : : il; : :゙ヽ,゙''、 : : : : :,;i'::l;";:;;;:;;;:;;;:゙ヾヽ,,〃f´;;,r'';;;:;/;;;゙レ'゙'、: : :,/:i';;;:;:: . .i .l': : ::;;r‐==ゝ,
       i;:.:.:l゙:.:. : : ::》; : : :i}'、.:ヽ,::./,、-i;;;::;;;::;;;::;;;::;;;},Y,{;;il;'",;''゙r''';;;;;ノ人 ',\/:/;;;;;.::.:: .i./:: :〃:: : : : : ::ヽ
       /;;:.::l: : : : :,il':: : ,;il'.:.:.:\`,rヘ ;゙'i:,l;;::;;;;;!;i!r";r'iク;il";;;;'";;;;, -'":..:i'^ヽ:/i;;;'.::::::::.,/: ,if":: : : : : : : : :゙',

ワ子内親王(八条院)ではないかと思う。 やらない夫でなく彼女が近衛の後継として女帝になっていたら…?
彼女に権力志向があれば、『権力の基盤』とその『行使の機関』が別々になることなく、
治天の君は機能し続けたかもしれない。


509 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:16:18 ID:Yqa2.HEc

ワ子内親王(八条院)は最終的に美福門院の所領も継承。荘園の総数は220ヵ所以上に及んだという。

                    /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/:/::::::::::::ミヽ
                      /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/:::::::::/:/:ハr'ヽ
                  /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/::::::/:/:::レ::イ::T:l
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::|:::::ハ::::::|::|::/|::::::|:::::::|
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::://|::ト、::L|::::|!:||:!/::::/::::|::!
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'rヘヽ::::彡   |:! v!|--,.、`゙//:::::/リ
                 |:::::::::::::/::::::::::/:::::::{ (⌒ |:r'´       ` 、l:/ ///l:/〃
                /:::::::::::/::::::::::/::::::::;ハヽ. |:!             |'´  '′
                /::::::::::/:::::::::::/:::::::/:::::::L°            ゙、
               /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::| l            _ ヽ
                 /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::::|  l         ____r'´
               /:::::/:::::::/::::::::::::/::::::::::::::|          `7′
           /::::::/::::::::::/:::::::::::::/ :::::::::::/           /
          /:::::/::::/::::/::::::::::::::/ :::::::::::/二`ヽ、  `iヽ 、____/
         /:::::::::/:::/::::::::/::::::::::::彡.:::::::::::/三ミヽ、 ``=ヽ

    しかし、彼女には権力志向がほとんどなかったようで、この権力基盤を眠らせたまま、
    鎌倉幕府による守護・地頭を迎え入れることとなる。



一方、やらない夫の資産は『長講堂領』と呼ばれるようになる。頼長から没収した所領からスタートし、
権力を手中にした時期が断続的にあったおかげで、最終的に42ヵ国89ヵ所にまで増やした。

                             / ̄ ̄\
                           /  ノ ヽ、\
                          . |   (●)(●)|
                          . |   (_人_)│
                           |     ` ⌒´  |
                            |           |
                          .  ヽ      /
                             ヽ     /
                             .>    <
                             |     |
                              |     |

          しかしながら、それでも権力基盤はワ子内親王(八条院)に比べれば半分以下。
          権力志向は強くても、これではいかんともしがたかった。


510 :名無しのやる夫だお:2010/06/04(金) 22:17:27 ID:ezqrwepc
つか鳥羽院は美福門院にそれを期待して相続させたと


511 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:18:15 ID:Yqa2.HEc

            なにより、全盛期の平家一門との比較に至っては比べるだけヤボ。

             ,ヘ/ /   / /.、: : / /: : : : : : : : : : : : : : : : :\  ヽ.. -‐ \  ヽ  \
            :/{:/ /ー .._// : : \| ./: : : : : : : : : : : : :_: :-‐ _ニ.:\. ヽ    ` 、ヽ : : }
            ' / /l \/`  .、  : : |:ヘ        ;/,. : '´: : : : : \.ヽ      `\: |
             { /ハ  \  〈心、:|: :ヽ     、 //:: : : : : :     ` \_____: :|
             jハ .ハ    `ー 二_>冫    ∨':∠_: : -一 弋:::歹 ̄  _. ' ´ : : |
            .   ∨ハ    . . : : : : ::/  ,. : <::::::`:.、.:`ー  .._..  -― '"´  : : : : : |
            .   ∨ハ     : : : : : /  / : : : : :`: : :_::`:::..._: : : : : . . .       : : : :|
                ヽ ヘ     : : /  /: : : : : : : : : : :  ̄:`: : : : : : : :       . : : : : |
                 `:ヘ       ./  /: : : : : : : : : : .  : : : : : :           . : : : : :|
                 ヽヘ     ./  /: : : : : : : : : : : : : .               . : : : : : |
                    ヾ:、   /  /: : : : : : : : : : : : : : : .            . : : : : : : |. /
                      、 /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : .          . : : : : : : レ
                     У /: : : : : : : : : : ⌒ヽ: : : : : : .            . : : : : : :/:.:.:.
                    / ./: : : : : : :_: :-==: : : : : : : : : : .         . : : : : : /:.:.:.:.:.
                     / /: :  . :-=ニ_: : : : : : : :            _  . : : : : : /:.:.:.:.:.:.:
                  /  _..ィヘ´      ̄ ̄   ー―-----―一'` . : : : : :イ:.:.:.:.:.:.:.:

             平家一門全員を合わせた所領は全国で500にものぼったのである。
             その上、日宋貿易でさらなる富を加えていた。


512 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:18:33 ID:Yqa2.HEc

この二人の所領は結局合わさることなく、後の南北朝にまで

                                            , -──--- 、..____
        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.                      ,、-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ー---、
      /: : : :          \                   /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::;:ィ´:::::::::::|
     /: : : : :           '.,                 /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/:/::::::::::::ミヽ
     |: : : :                 :|               /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/:::::::::/:/:ハr'ヽ
     | : :u : : : : : .,           :|               /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/::::::/:/:::レ::イ::T:l
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::|:::::ハ::::::|::|::/|::::::|:::::::|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::://|::ト、::L|::::|!:||:!/::::/::::|::!
     |: : : ´"''",        "''"´ :l              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'rヘヽ::::彡   |:! v!|--,.、`゙//:::::/リ
      ',: : . . (    j    )   ./              |:::::::::::::/::::::::::/:::::::{ (⌒ |:r'´       ` 、l:/ ///l:/〃
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__        /:::::::::::/::::::::::/::::::::;ハヽ. |:!             |'´  '′
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__     /::::::::::/:::::::::::/:::::::/:::::::L°            ゙、
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__ /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::| l            _ ヽ
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : . /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::::|  l         ____r'´
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/:::::/:::::::/::::::::::::/::::::::::::::|          `7′
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. /::::::/::::::::::/:::::::::::::/ :::::::::::/           /
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: /:::::/::::/::::/::::::::::::::/ :::::::::::/二`ヽ、  `iヽ 、____/

持明院統(やらない夫領)、大覚寺統(八条院領)と、分裂したまま引き継がれていくことになる。


513 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:20:17 ID:Yqa2.HEc

                                         __
                   _,. -┬ fニト、               /:::::::::::\
                 r'´ 、r | | ,.L |              /:::/⌒Y⌒ \
                 |   (_ノ j {. '、\            |::::/ ( ●)(●)
                 |    }‐イ-上 〉. \          |::::>   (__人__)
                 |    ノ´     /)゚o |           |     ` ⌒´ノ
                i      r‐‐人__) .|           |         }
                ヽ   .ノ ` ⌒´ . |           ヽ        }
                 i  !,       ノ            ヽ     ノ
                 .',  ヽ、 .   /             _,,ゝ    (,_
                   \  .     ヽ、          /´  `ー-一´`

そんな脆弱な権力基盤であったため、やらない夫は当初の約定通り、息子の守仁親王にシブシブ譲位。
常識の二乗の二条天皇が即位する。 ここで、


 やらない夫院政派(藤原信頼)、      協調派(信西)、      二条天皇親政派(美福門院)

      / '´,  、   、 `ヽ、     ,:i'      _   ----、`i, ゙i,    r‐z´   /         `ヽL_
    r´    / l ヽ  \ 、ヽ    ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,    |/|/ / /|  |   ト、 \ \ヽト \
    /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ   l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   V/|/| /‐|<|_,l  |_>‐ヽ| ト、|| ト、|
  /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、 ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l  イ|イ |/y'´(.j`´|\|´ヒ)`'v|ノN`| |
  '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|   r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   || | |∧      ・      /k)  | |
   | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|   |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   || | |ヽヘ、  「  ̄`|  イ-'|  | |
    lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !   ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   || | |:|:|:|:l\. |_  ノ.///:::|  | |
     l\l|    |    //ィ N    ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    |{< ̄ ̄\´\ ̄ 7/ ̄〉´ ̄\l.|
    | ハ ヽ  __   /ハ/ `      `" ト、    " `    /   |   ノ/ー(⌒ヽ:.:.:\ \/ .イ:.:.:.:.://、|
    '′lハn\ `ニ´/! !           | 'ヽ.   .|    /   .|   //  ヽ::::ハ:.:.:.:.:| >Xく |:.:.:.:.|/ \
     _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\          | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|  /〈  / ̄}::::::\:.:.ト、/∧ .>|:.:.:.:.}∠   \

    の3派に朝廷内は分裂。 これが平治の乱へと繋がって行く。
    誰が権力者なのか? 治天の君が存在するなら、こんな状態は本来発生するはずがない。
    鳥羽院とやる夫の権力関係と比べてみれば、一目瞭然であろう。


514 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:21:48 ID:Yqa2.HEc

       平治の乱により、乱の首謀者、やらない夫院政派のトップ藤原信頼は処刑。

               `   、:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                  /:. /:.:.:.:.:. |ミ\:.:\:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.',
           .      /:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.|  ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.: i:. i:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.l
                /:.:/:.:.:.l:.:.:.:.:.:.: i    、:.:.:i:.:.:.:.:.:|i:.|ヽ:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.!
                 |:./i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.: !   _:.: ト、:.:.:.:l:l:!_:.!:.:.:|:.:.:.:.:.:.i:.: i:.:l:.:ヽ
                 !' |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.| .ィ´   ヽl:.:ヽ:/:.|',‐ヽ:.:.l:.:.: i:.:.l:.: |:.:ト:.:.ト、_
                 |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.!´ ィヽ7 i:!:.:.:!':.: l )i }:/:.:.:.:.l:.:.l:.:.|:.:| ヽ\
                 |:.: /i:.:.:.:.:.:/ヽ  ゞ'  lハ:.:.:.:.: ' ,´./!':.:.:.:.:.:l:.:.l:. |:.:l
                 !:./ ',:.:.:.:/:.:./       ! l:.:.:.:/┌く:.: i:.:.:.:.:.|:.:.|:.:l:.:!
                 }'  丶: {、:/         .|:.:./ : : ヽ:l:.:.:.:.:.l、:.!: !:{
                       ヽ!. ` 、     | /  :   }:' ヽ: :リ ヽ -―― 、
                             ー、´   !'        i/  ´      l
                               ヽ    丶       '           ‐〈
                             ー ´  ヽ /         ´     \

               最終的勝者は二条天皇親政派か、とも思われたが



やらない夫もただでは転ばない。 二条天皇親政派がやらない夫に対して行った嫌がらせに激怒。
    __
   /  . \            .  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |
 /._ノ三ニヽ、\           / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
 |  (J)(J) .|          .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ      l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ / |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|        | | !          ::| :          | .|ヽl l !
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」     /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
   |     /〃 \   '"  \    -┘  /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}     _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノ-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´    -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃   .     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
   く / ∧ !、_  `'_,/          |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|

清盛に命じ、信西殺害に加担した二条天皇親政派の重要人物二人を拘束。解官の上、配流とした。
信西殺害という言い逃れのできない事実があったため、中立的な公家の支持も得られた結果だった。


515 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:23:38 ID:Yqa2.HEc

この配流の結果、平治の乱は結局やらない夫院政派と二条天皇親政派、双方共倒れ的な状況に陥る。

                  .r-、 _00           /::::'┴'r'
                  .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
                  .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
                  . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
                  、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
                  . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                          ____
                         /  ノ_ ヽ,,\
                       / ≦゚≧ミ:≦゚≧
                       |    (__人__)|
                       |     |r┬| }
                        |     | | | }
                      .  |.    `ニニ  }
                      .  ヽ      }
                         ヽ    ノ

そんな中、やらない夫に新たな皇子が誕生。自分の言うことを聞かない息子・二条天皇に替えて
その新たな皇子・憲仁親王(後の高倉天皇)を擁立しようとしたが



         二条天皇側に事が露見。中立的な公家の反感まで買うこととなり、
         平治の乱を生き残ったやらない夫スタッフの全員が官職剥奪、
         やらない夫は政治上の実権をほぼ喪失してしまった。

                          / ̄ ̄\
                        / ⌒  ⌒\
                        |::::::(○)(○) |
                       . |:::::::::::(__人__)|
                         |::::::::::::::` ⌒´ |
                       .  |::::::::::::::    }
                       .  ヽ::::::::::::::    }
                          ヽ::::::::::  ノ
                          /ヽ三\´
                  -―――――|:::::::::::::::: \-―

               一時、彼は信仰の世界に生きることとなる…


516 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:24:58 ID:Yqa2.HEc

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、      ┌────────────────────┐
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ       │【 信 西 】                         │
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i, .     │保元の乱後、やらない夫の右腕として         │
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,    │政治を司り、壊れ行く日本の律令制度に代わる │
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,    │新たなシステムの導入を目指し、.           │
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   │『保元元年令』(新制七カ条)を発表。.       │
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l   └────────────────────┘
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!.  ┌─────────────────────┐
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ.   │その第一条冒頭(序文)で                 │
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    │「九州之地者一人之有也、王命之外、何施私威」 │
           `" ト、    " `    /   |     │と日本全土を天皇のものとする『王土思想』を導入.│
              | 'ヽ.   .|    /   .|.   │天皇の役目も諸勢力との「調停者」として、      │
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|.    │合わせて再定義している。                    │
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐ . └─────────────────────┘



               ,、
             //                  ┌───────────────────┐
           ///).                   │そういう意味では白河院以降の流れも把握し │
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、    │「保元の乱とは何か?」について.          │
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\  │その本質を的確に掴んでいた.            │
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i   │数少ない人物ではなかったかと思われる。   │
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il.  └───────────────────┘
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /  ┌────────────────────┐
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y.   │院政によってボロボロになった皇位の再定義は │
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i...   │早急に進めなければならない課題であった。.  │
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L.   └────────────────────┘
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人


517 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:26:39 ID:Yqa2.HEc

                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /   ┌──────────────────┐
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /   │しかし、そんな彼の努力も報われなかった。│
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´.     │彼にしてみれば、くだらない理由で      │
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|     │彼好みの俗世にできる機会を失った。   │
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|     └──────────────────┘
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|



    ./  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙ ''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/::::::::: /::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/:::::::: /::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l    ┌────────────────┐
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l    │やらない夫のセ○レであった      │
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!..  │藤原信頼が信西と権力争いを起こす。│
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ.  │京の軍事の中枢・平清盛が       │
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l.      │熊野行幸で不在の最中、          │
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/      │源義朝を利用してクーデターを決行。. │
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/      └────────────────┘
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\


518 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:27:13 ID:Yqa2.HEc





                         .  -‐…‐-
                       /            \
                         .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                         ′        .::::::::::::::::::::::::::'.  ┌─────────────────┐
                           .:::::::::::::::::::::::::::::::'   │これが 『 平 治 の 乱 』 である。  │
                      i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }.. │京を逃れた信西は、潜伏したりなど    │
                      |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′. │再起を図ることができたにもかかわらず .│
                      ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}   │まるで全てをあきらめたかのように.    │
                  {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //.   │生入定(僧侶としての自殺)を選択。   │
                    V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://    └─────────────────┘
                    `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                       { |   ー=====‐ {
                     、|     _____  |
                     x≦二二二二八二≧x、
                        | |三三三|二  二|三三|
                      l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                  _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
            __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
  -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-






519 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:27:28 ID:Yqa2.HEc

信西には結果が見えていたのかもしれない。 だから、あっさりあきらめてしまったのではないか?

                             .  -‐…‐-
                           /            \
                             .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                             ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                               .:::::::::::::::::::::::::::::::'     なぜ、
                          i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }   わざわざ封じ込めていた
                          |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′  平家・源氏を…
                          ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}   
                      {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //.   軍事力を頼ったのだ!?
                        V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://    
                        `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´     バカ者どもめが…
                           { |   ー=====‐ {      
                         、|     _____  |      ここで再起のために
                         x≦二二二二八二≧x、    平家を頼ったら
                            | |三三三|二  二|三三|     どういうことになるのか…
                          l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                      _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
                __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
      -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    5 4 年 の 生 涯 を 閉 じ た 。
___________________________________________


520 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:28:48 ID:Yqa2.HEc

                      , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
                     r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
                     l       // /  ゛ヽ
                     ヽ      〈//     !
                     〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                     /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
                    く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                     ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                      ヽー     /|| ト、|l / |
                       iヽ   / |L/|/λノ/|/
                       ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                        ,/⊥/ _/  /  /
                        | Y |/  //  |
                       人 ⊥― ̄/ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【 源 義 朝 】

    その平治の乱で軍事面を担った義朝。一時はクーデターの論功行賞で出世を遂げるが

    「 人を多く殺した者が官位を得るなら、逃亡の際に多くのものが身を投げて命を落とした
     三条殿の井戸になぜ官位をやらないのか?」  と揶揄される。
____________________________________________


521 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:29:03 ID:Yqa2.HEc

                |  . }          ヽ   .〕   .  `. |
                ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
                .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!
                .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ
                \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |
                 |  ,|                 l.. .! ) i |
                 .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ
                 | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、
                  .|  .    ___           ,| . |/;:|  ,ゝ
                    |   r'_"~‐'~          ,/| . l|:;:| ..`ヽ、
                    .|  . `゙,.,",,.          .,/ .| ..||:;:|. . ヽ、 ヽ
                    .|  .´          /.:;:;  l .||:;:;|  ヽ i゙'ゝ
         ..          .|           ,.,.'''´ .:;::;:  |.||:;:;;|  ゞヘ
                    ゝ __  .__,,,_--‐."   .;:;:;:;: _ ||_|:;;:;| ( ヽゝ
                        `i~''     ____---‐ニニ''′'''ト|:;:;| iゝ
                        l、_,,-:::=-‐‐‐''""   ...____,ノ゙|:;:|.. !、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 信西殺害後、彼と藤原信頼の立場は急速に悪化する。 信西がいなくなったことから
 反信西派の中心である二条天皇親政派にとって、やらない夫院政派の彼らは敵対者となってしまった。
 隠密裏に事を進めるクーデターだったため、彼の下には少数の兵しかおらず、合戦は想定外であった。
____________________________________________


522 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:30:19 ID:Yqa2.HEc

            .  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |
             / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
            .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
               l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
               ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
               |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
                       | | !          ::| :          | .|ヽl l !
                   /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
                  /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
                _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
            -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
              -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|
            .     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そこに平清盛が軍勢を伴って帰京。 京を離れていたため、清盛は安全に軍勢を集めることができた。
 清盛の不在を突くという計画の根本が仇となった形である。 致命的ミスと言えるかもしれない。
____________________________________________


523 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:30:34 ID:Yqa2.HEc

                 !            :::::::|;:;:::::::::::`''ー..、|
                   !            ::::::::|::::~''ー-..,、::::::!
                ,!   .」    _,, .... ..、::::"-、,;::::::::::::~ l
                   l―;;./  .ー''".ィ;;''/   ::::::::::::::|;::,i`゙゙''、::.!,__
                 .゙‐゙=│    ⌒    ::::::::::::!:::!:::::::::| !:::::::::./!"
                    |  l           ::::::::::!:;:!::::::::/゙::::::::::::::.\、
                    | .!          ::.::.::::::!:::|:::: / :::::::::::::;:-、´
                  l !          ::.::.::::::|;:::|''´t:::::::::::::::::::::::,,゙!'
                     ', ゛          ::.::.:::::::|:::.|:::::.!'';;、::::::::::::::::.l,
                   l  --――    : :::::::.,-|::,!:::,ノ./ :.l,:::::::::::::::::\、
                       l           :::,/::::|/./ .,/:::::::.l,::::::::::::::::::'彡
                       l       . .,/゛::::::,..‐゙_/:::::::::::::.l;:_.;:_;::::::'、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
二条天皇は身の安全を確保するため清盛を頼る。
その結果、京での軍事バランスは逆転。想定外の合戦となってしまい、義朝は清盛に敗北、逃亡。
尾張国、内海荘司・長田忠致の邸にたどり着いたところを、鎌田正清とともに殺害された。享年38。
__________________________________________


524 :崇徳 ◆.qh1IqzafM:2010/06/04(金) 22:32:00 ID:Yqa2.HEc

そして、この男…

                        / ̄ ̄ ;;\
                      /(〇)  (●);\ 
                     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\
                    |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/
                    /    :::::::::;;;;;;;;;;;;;\
                    |::Y    :::::::::;;;;;;;|;;;;;|
                    || ::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

                                      時はかなり遡る。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。